GAME

2021-22 Yogibo WE リーグ

第21節 日テレ・東京ヴェルディベレーザ
2022年5月15日(日) 14:00 キックオフ

味の素フィールド西が丘

HOME

日テレ・東京ヴェルディベレーザ

試合終了
21
  • 1 前半 0
  • 1 後半 1
AWAY

マイナビ仙台レディース

MEMBERS登録選手紹介

HOME

スターティングメンバー

1 GK 田中 桃子
2 DF 清水 梨紗
4 DF 土光 真代
3 DF 村松 智子
6 DF 宮川 麻都
7 MF 中里 優
8 MF 三浦 成美
20 MF 木下 桃香
17 FW 藤野 あおば
5 FW 菅野 奏音
19 FW 山本 柚月

控え

31 GK 野田 にな
13 DF 松田 紫野
24 DF 坂部 幸菜
30 DF 宇津木 瑠美
33 DF 岩清水 梓
18 FW 岩﨑 心南
29 FW 木村 彩那

AWAY

スターティングメンバー

16 GK 松本 真未子
19 DF 佐藤 楓
3 DF 市瀬 菜々
14 DF 國武 愛美
4 DF 高平 美憂
6 MF 原 衣吹
7 MF 隅田 凜
11 MF 長野 風花
22 MF 万屋 美穂
8 FW 池尻 茉由
9 FW 宮澤 ひなた

控え

1 GK 齊藤 彩佳
5 DF 西澤 日菜乃
18 DF 奥川 千沙
25 MF 船木 里奈
26 MF 西野 朱音
10 FW 浜田 遥
17 FW 武田 菜々子

MATCH PROGRESS


試合経過 〈得点、選手交代、警告、退場〉

HOMEAWAY
2 清水 梨紗 8分[得点]  
46*分[交代] 7 隅田 凜 → 26 西野 朱音
46*分[交代] 22 万屋 美穂 → 25 船木 里奈
  52分[得点] 9 宮澤 ひなた
5 菅野 奏音 → 30 宇津木 瑠美 62分[交代]
7 中里 優 → 18 岩﨑 心南 62分[交代]
30 宇津木 瑠美 84分[得点]  
84分[交代] 8 池尻 茉由 → 17 武田 菜々子
19 山本 柚月→ 29 木村 彩那 85分[交代]
89分[交代] 3 市瀬 菜々 → 18 奥川 千沙

scroll

DATA各種データ

HOMEチーム名
AWAYチーム名
後半 前半   前半 後半
6 7 13 シュート 6 5 1
3 2 5 CK 14 6 8
8 3 11 FK 7 2 5
2 3 5 オフサイド
(相手チームのオフサイド数)
3 1 2
0 0 0 PK 0 0 0
PK 1st 2nd 3rd 4th 5th 6th 7th 8th 9th 10th
マイ仙台 20〇 3〇 25〇 9〇 11〇 20〇 3〇 25〇 9〇 11〇
相手チーム略称 5〇 15〇 9〇 33〇 5〇 15〇 9〇 33〇
  • 入場者数
    1,838人
  • 天 候
    曇、中風
  • 気 温
    20.9℃
  • 湿 度
    43%
  • ピッチ
    全面良芝
  • 時 間
    90分
  • 主 審
    千葉 恵美
  • 副 審
    中本 早紀、 萩尾 麻衣子

監督記者会見COACH INTERVIEW

試合総括

ゲーム全体を支配されてしまいました。試合開始からボールを奪えず、ズルズルとラインを下げてしまったことにより失点し、ゲームのリズムを作り出せなかったことが非常に痛かったです。ボールポゼッションが高い相手に対し、ボールを握られる時間が長くなることは想定していましたが、我慢しきれずに守備を自ら崩してしまった点が課題です。攻撃面では奪った後に、むやみにスピードアップをしすぎてしまい、ボールロストが目立ちました。守備の慌ただしさが攻撃にも影響を及ぼしてしまいました。攻守両面において、今季リーグ戦の悪い試合を象徴するような内容になってしまったことを悔しく思います。

リーグ終盤に連敗を招いてしまった要因を教えてください

まずは得点を奪えていないことが一番の課題です。点を取るまでの過程を含め、攻撃面では色々な意味でリズムを崩している印象です。全体的にボールをしっかり動かして、アクションを起こすイメージを持ってチーム作りをここまで進めてきた中で、リーグ後半戦は特に相手のプレッシングに圧され、守備の場面で上手くボールを奪えず、攻撃面では奪ったボールをむやみに失う展開・悪循環が要因であると考えています。

 

9 FW 宮澤 ひなた 選手

古巣相手の一戦でした。試合を振り返ってください

序盤からパスを回され、思うようにボールを奪えず、苦しい時間帯が長かった90分でした。松田監督からは試合前に「自信をもってプレーしよう。」と送り出してもらった中で、耐える時間が長くなることは想定していました。もちろん東京NBの選手たちは上手い選手が揃っていて、結果として落ち着いたプレーに対して後手に回ってしまいました。

1-1に持ち込んだゴールシーンを振り返ってください

前半から相手のミスを誘発するために相手ゴールに近い位置で攻守においてプレーすることを意識していました。ドリブルで前に運ぶスペースもあり、自分が何とかしないといけない気持ちは常に持っていました。前からのプレスで相手のミスをしっかりと奪い、ゴールに繋げられたことは、個人としてもここまで1得点しか奪えていませんでしたので、少しは前向きにとらえたいなと。
ですが、同点に追いついても勝ち切れない部分は今のチームの現状を表していると思いますし、リーグ戦も終盤を迎えていますが、チームとしての一番の課題だと痛感しています。1点で勝ち切る試合は相当難しいですし、2,3点目を取るパワーがまだまだ足りないと思っています。

今季のご自身のプレーに関する評価はどうですか

まだまだ足りないと思います。チームとして複数得点で勝った試合もありましたが、FWとしてもっと貪欲にゴールを目指さないといけませんし、チームが苦しい時に点を奪えていない状況ですので、自分が先頭に立ってチームを救う存在になっていかなければと思います。シーズン当初に挙げた毎試合1点取る、という目標が達成できなかったので、個人としては非常に悔しいです。初代女王の座は獲得できませんでしたが、試合を重ねるにつれて一歩一歩成長していると思っています。先ほども言いましたが、「勝利・得点」にもっと全体的に貪欲になる必要があると思います。

 

3 DF 市瀬 菜々 選手

試合を振り返ってください

相手に攻め込まれる時間が長かった中で、前半の早い時間帯に耐え切れず失点をしてしまいました。いつもだとこのまま終わってしまうところを、後半に入って同点に持ち込めたのはチームとして少し成長できた部分だったと思います。ですが、最後のところで勝ち切れなかったことについては、今後の課題だと感じています。

少し早いですが、今季を振り返るとどのようなシーズンでしたか

リーグの前半戦は負けも少なく、いい勢いがチームの中にあり、サッカーをしていた印象です。後半戦に入り、各ポジション・各選手が考えてプレーすることが増え、ポジショニングのズレや考えすぎるがゆえに上手くプレーが回らないシーンが目立ってしまいました。今日の試合でも、東京NBの選手と比べるとまだまだ及ばないシーンが多くありました。1cm・1歩のポジションをもっとこだわっていく必要があると、改めて痛感しました。